買い物かごを見る 会員さまマイページへ はじめてのお客様へ お問い合せ サイトマップ
RSS


台所育児 〜手作りおやつ 「「ひなまつりのレアチーズケーキ」

2013年3月2日(土)     長男:S朗(3歳3ケ月)  次男:K朗(生後7ケ月)

久しぶりの日記更新です!

なぜだか時間のない日々が続き、気付いたら今年に入って はや2ケ月。

一度も日記を書いておりませんでした。 (ずっと気づいてはいましたが・・・)

クリスマス、お正月、温泉旅行、里帰り・・・

書きたいことは山ほどあり、書こうと思い撮りためた写真も山ほどあったんですが、

残念ながらそれらは日の目を見ることはなさそうですね。(泣)

そして、いつの間にか、K朗も立派な7ケ月に成長しました! いやいや しすぎっ!!

このお尻とプクプクの足。 我が子ながら最高にかわいすぎます。 

そしてそして、久しぶりの日記の手始めは、やっぱり台所育児でしょう〜。

台所育児も久しぶりです。 

S朗とお料理を始めても、K朗が途中で泣いたりして、せっかく楽しんでいても中断したり、待たせてしまったり、

挙句の果てには、「早く〜!」とS朗が怒ったり泣いたりと収拾がつかなくなってしまうので、

ついつい遠ざけておりました。

でも今日は、ちょっと必殺技(?)を使って、始めてみました。

メニューはひなまつりのレアチーズケーキです。

このレアチーズケーキは、私の母からの直伝レシピです!

それをネットのレシピなどを見て、ひなまつりバージョンにしてみました。

森永のマリー(MARIE)のビスケットを、砕きます。 森永のマリーを使用するのも母からの受継ぎです。

時間がかかるので、ビニールにいれてボールで豪快に叩きます。

おっ!背後にK朗の姿が! 激しい音に興奮しています。

砕いたビスケットにバターを加えて、コネコネ。 手がベタベタ〜。

以前はこういう手が汚れる作業は嫌がっていましたが、今日は「する!」といって頑張ってくれました。

ちなみに ここでの味見が最高〜。 「マリーのビスケット+バター」恐るべしですよ!

クリームチーズをボールに移します。

砂糖を加えます。

その他、材料を加え、グルグルかき混ぜます。   真剣なS朗を、真剣に見つめるK朗。

型にビスケットを敷き詰めます。 (牛乳パックでひし形の型を作ります)

上からレアチーズの生地を流し込みます。

一応、白い生地とイチゴジャムを加えたピンクの生地の2層になっています。

でもピンクは、限りなく白に近いピンク。 しなくても良かったぐらい ^^;

床にこぼれたビスケットを掃除機でおそうじ! ありがとう〜!

なんとまあ、大雑把な台所育児日記でしたが、

明日のひなまつりに間に合ったので良かったとしましょう〜(笑)

そうそう、K朗への必殺技(?)

それは、イスに座らせて、お料理見物をさせることでした。

必殺技でも何でもありませんが、この方法で今日はS朗と最後までお料理を完了することができました ^^/

ただ、こういうイスに座らせることは、子どもの自由を奪います。

なので、普段はできるだけしないように心がけています。

もちろん食事をしたり、みんなでダイニングを囲んだりする時は積極的に使用しますが、

(K朗もみんなと同じで喜びます〜)

おとなしくしてほしい時、家事をしたいからなどの理由では使用しないようにしています。

イスに座っている方が泣かずに機嫌が良いとしても、

床の上で自由が与えられ、自分の意志で身体を動かし、時には泣くことの方が大切かな〜なんて。

でもS朗との時間も大切にしなければいけないので、

台所育児の時は、許してもらおうということで使ってみました。

まあ、K朗も見学して一緒に参加しているということで、良いかなと自分で言い訳しながら。^^;

これを機に、また少しずつ頑張ってアップしていきたいと思います〜。

ページトップへ